明豊ロゴ
工程表ロゴ
明豊トップロゴです

 

 

 

 

 

 

 

 

 


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。
Copyright 2005 meiho.co.,ltd. All rights reserved.
Never reproduce or republicate without written permission.

 

工程表 - Process Chart -
トップロゴ

工程表 3M磨き - Process Chart 3M Polish -

じっくりポリッシュしたい方にお勧めなシリーズです。割と力を入れても絡みづらいコンパウンドなのでPRO受けするシリーズです。

マスキング1マスキング2

@ 磨かない箇所をマスキングします

モール部分やプレスライン、コーナー部分は深いキズが入ったり、削りすぎて
”下の塗装膜”がでてしまったりします。又コンパウンドカスが発生します。
細かい箇所に入り込むと除去作業が容易ではありません。
それらを予防するために、写真のようにマスキングをします。

 
 
【使用したもの】
・243jマスキングテープ ・ペーパーフィンマスカー ・新聞紙
 

ペーパーがけ1ペーパーがけ2

A 細かい番手のペーパーでキズ取りをします

洗車キズや擦りキズがひどい場合、#1500〜#4000位のペーパーでキズ消しをします。

★耐スリクリヤーが施工されている車両(弊社ご確認下さい)にはお勧めしません。

チェックロゴ
 【使用したもの】
#1000〜#2000耐水ペーパー、バフレックス、アブラロン#4000、914Lサンダー
 

ウール1ウール2

B ウールバフで磨きます

ペーパー研磨した場合や洗車キズやスリキズが多い場合にこの工程を行います。
ハンカチ1枚(30cm×30cm)くらいを目安に赤→方向にを意識して磨きます。
コンパウンド使用量はバフにパチンコ玉2〜3個が目安です。

★拭き上げにはファインクロスがお勧めです。

チェックロゴ
 

【使用したもの】
5737テーパーウール ソフト、 ウルトラフィーナSC、ファインクロス#205、C-201ポリッシャ

 

スポンジ1スポンジ2

C スポンジバフで磨きます

作業はBと同様です。白系、シルバー系、赤などの中彩色系は、この工程で
仕上げとなります。細かいスクラッチキズやウールバフの傷を落とすだけです
ので、力を入れずにサッと磨くようにします。

 
 

【使用したもの】
5753ソフトスポンジ、5939ウルトラフィーナSC、ファインクロス#205、G-150Nポリッシャ

 

仕上げ1仕上げ2

D 最終仕上げをします

黒系や濃紺系の最終仕上げの工程です。Cの目馴らしなので更に
力を入れずに磨きます。オーロラマーク(ワックス跡のような模様)を消すのに
有効な工程です。

チェックロゴ
 【使用したもの】
5725スポンジバフ、5969ウルトラフィーナHG、ファインクロス#205、G-150N
 

アイテムロゴ      
マスキングテープ243jペーパーフィンマスカー水研ぎペーパーバフレックスブラックアブラロン  
243マスキングテープペーパーフィンマスカー水研ぎペーパーバフレックスブラックアブラロン#4000  
ウルトラEXウルトラ1Lウルトラ2Lハード2ダークフィーナSCフィーナHG 
ウルトラカット EXウルトラカット 1Lウルトラカット 2Lハード 2Lウルトラフィーナ SCウルトラフィーナ HG  
テーパーバフソフトテーパーバフハードソフトバフsbsバフファインクロス  
テーパーウールバフ ソフトテーパーウールバフ ハードソフトスポンジバフスポンジバフSBSファインクロス#205  
914LサンダーC-201ポリッシャG-150ポリッシャトルネードガン  
914L D/AサンダーC-201 ポリッシャG‐150N ポリッシャトルネードガン  

   
チョイスロゴ      
ウルトラ1LテーパーバフハードフィーナSCテーパーバフハード
ウルトラカット 1Lテーパーウールバフ ハードウルトラフィーナ SCテーパーウールバフ ハード
洗車キズ落としであれば、ウルトラカット1L+テーパーハード
の組み合わせでOKです。
ひどい場合、また塗装後の肌調整であれば、
ウルトラカットEX+テーパーハードの組み合わせがよいでしょう。

白系やホワイトパール系、シルバー系であれば、
ウルトラカット1L+ソフトスポンジでOKです。
テーパーバフソフト 洗車キズがひどい場合、テーパーハードと組み合わせて、
ひどくない場合には、テーパーソフトと組み合わせて
磨きます。

濃紺車以外であれば、ソフトバフとの組み合わせで
仕上げることができます。
テーパーバフソフト
テーパーウールバフ ソフトテーパーウールバフ ソフト
ソフトバフソフトバフ
ソフトスポンジバフソフトスポンジバフ

ウルトラ2L テーパーバフソフトフィーナHGソフトバフ
ウルトラカット 2Lテーパーウールバフ ソフトウルトラフィーナ HGソフトスポンジバフ
中彩色や色つきシルバー系の最終仕上げに
ウルトラカット2L+ソフトバフの組み合わせが最適です。

濃紺系にはウルトラカット2L+ソフトバフまたはSBSバフ
の組み合わせが最適です。

黒系の最終仕上げにはウルトラカット2Lまたは
ハード2Lダークが良いでしょう。

新車に近い状態の場合、中彩色であればウルトラカット2L
+テーパーソフト→スポンジバフで仕上げられます。

ちなみにSBSバフのほうがコンパウンドが絡みづらいので、
ビギナーの方にはお勧めです。
ソフトバフ濃紺系の最終仕上げに使用します。
お好みでソフトバフ、SBSとチョイスして下さい。

ちなみにSBSバフのほうがコンパウンドが絡みづらいので、
ビギナーの方にはお勧めです。
sbsバフ
ソフトスポンジバフスポンジバフSBS
sbsバフ
スポンジバフSBS

技ロゴ
清掃前バフ清掃
バフによる回転キズを抑えるため、小まめにバフの掃除を
することをお勧めします。市販されている靴用ブラシで
写真上のように掃除します。
また、エアの環境があればトルネードガンがお勧めです。
バフブロー